鳥ポケたちの宴

鳥統一やオオスバメ入りパーティの考察とかとか TwitterID: gobirddy

【型紹介】奇襲型オオスバメのすゝめ

こんにちは。

今回は私が個人的に一番愛用しているオオスバメの型と、そこから生まれた型を紹介したいと思います。

f:id:Gobirddy800:20160827183735j:plain

 

1. 特殊珠オオスバメの型紹介

持ち物 命の珠

特性  肝っ玉

性格  控えめ

努力値 CS252B6

技構成 

爆音波、熱風、我武者羅、身代わり

 

素早さの実数値は177。最速108族(実数値176)抜き。

1-1. 経緯

 なぜこのような型になったのかというと。

f:id:Gobirddy800:20160827183919p:plain

 こいつの存在があったからだ。いつも受け出しでドヤ顔しながら出てきてオオスバメはなす術もなく逃げ、その間に剣を持ちながら舞い、こちらのポケモンを蹂躙していく・・・そんな試合が幾度もなく行われてきた。

 なんとかオオスバメで対抗できないか、と奇襲しか考えてない私がたどり着いた答えはこの型だった。

 

1-2. 使用方法

 このオオスバメの役割対象は、スイクン、(クレセリア)、ギルガルド、ヤドランである。

 

1-2-1 対ギルガルド

 大きなことを言っておいて、実はそんな驚くような方法ではない。例えば相手控えにガルドがいると仮定して、

自分オオスバメ  相手ジャローダ

 の対面があったとする。相手はギルガルドに引いてくると読んで、自分は身代わりをする。

自分オオスバメ(身代わり) 相手ギルガルド(シールド)

 そしてこちらは爆音波を打つ。相手はダメージを受けてから攻撃をし、身代わりが壊れる。

自分オオスバメ 珠有補正爆音波→H252シールドガルド 20.3%~23.9%

 ブレードフォルムになったガルドに熱風を打つ。

オオスバメ 珠有補正熱風→H252ブレードガルド 88.6%~105.9%

 

 これでガルドを迎え打てる!一応、ステロ込でブレードガルドを珠熱風で高確率で落とせる。相手からしたらまさかオオスバメがガルドに有効打があると相手は思わず返される・・・。といった奇襲ができる。

 

1-2-2 スイクン、ヤドラン

 この2体もよく受け出しで(⇦重要)でてきて、根性空元気も確定2発とれないため、本来は相手したくないポケモンたち。しかしこの型では相手の受け出しのみ返り討ちにできる。

 オオスバメの体力個体値が0or1の時、体力の実数値は120になることを前提に・・・

 

自分オオスバメ  相手ジャローダ(控えヤドランorスイクン

 

 相手はヤドランorスイクンに交換してくる。その隙に身代わり。

 

自分オオスバメ(身代わり, 体力120-30=90) 相手ヤドランorスイクン

 

 ここでオオスバメ我武者羅を打つ。相手は身代わりを破壊してくる。(ここで瞑想or吠えるが厄介だが)

 

自分オオスバメ  相手HP90のヤドランorスイクン

 

 そして爆音波を放つ。

珠控えめオオスバメの爆音波→HP90のH252振りメガヤドランスイクン

H252振りメガヤドラン 56.4%~67.3%(実数値114~136ダメ)  1身代わり我武者羅込確定1発

H252振りスイクン 42%~49.7%(実数値87~103ダメ) 1身代わり+我武者羅込乱数1発(88%)

H252振りクレセリア 33%~40%(実数値75~91ダメ) 1身代わり+我武者羅込乱数1発(23%)

 

 こんな形で高耐久おばけを、我武者羅を利用して倒す戦略を取ることができる。これを最大限利用したのが意地っ張りオオスバメになる・・・。 

 

※参考BV

T28W-WWWW-WW3Z-XPNU

自分マンムーオオスバメコバルオンvs相手オンバーン、ラッキー、ヤドラン

これはラッキー、ヤドランに対して奇襲できたと思われる対戦でした。

5B7G-WWWW-WW3K-QGHE

自分オンバーンランターンオオスバメvs相手ワルビアルギルガルドファイアロー

ギルガルドが活きた試合でした。

どちらも鳥統一ではないが、参考までに。

 

1-3 特殊型の応用

 上記の型はピンポイントメタで使いづらいと思われるが、オオスバメを使っているとこのポケモンたちは受け出しでよく出てくるため、決まることが多い。しかし、もう一体、オオスバメに対して受け出しできて、上記の型でも対処できないやつがいる・・・。

f:id:Gobirddy800:20160829130630p:plain

 そう、こいつだ。熱風、爆音波が効かず、易々引くと身代わりからの毒守で後続がやられてしまう・・・。というわけでダメ元で計算してみました。

 

オオスバメ 目覚めるパワー地 → H252ヒードラン 55%~65.6% 確定2発

 

 お?いけそうじゃん!ということで生まれた応用系は目覚めるパワー地搭載の特殊型。

 

持ち物 命の珠

特性  肝っ玉

性格  控えめ

努力値 CS252B6

技構成 

爆音波、熱風、目覚めるパワー地、身代わり

 

 ただし、この型は、耐久お化け(ヤドランやスイクン)を相手できない型となってしまいました。よって、パーティと相談ですね。

 

その他ダメ計(控えめ珠持ち)

爆音波

H4振りガブリアス 59.2%~70.6% 確定2発

H4振りゲンガー 88.9%~105.8% 乱数1発(37.5%)

H252振りゲンガー 72.4%~86.2% 確定2発

H4振りメガゲンガー 72.7%~86.7% 確定2発

H252振りメガゲンガー 59.2%~70.6%  確定2発

H0D4振りメガリザードンY 56.2%~66% 確定2発

H252FCロトム 57.9%~69.4% 確定2発

H252カバルドン 58.1%~68.8% 確定2発

H252霊獣ランドロス 58.1%~69.3% 確定2発

H252ナットレイ 23.7%~28.1% 乱数4発

H252輝石ポリゴン2 35.4%~42.7% 確定2発

H252ニンフィア 37.1%~45% 確定3発

H252ヒードラン 22.7%~27.7% 乱数4発

 

熱風

H252振りメガクチート 57.9%~69.4% 確定2発

H252振りナットレイ 86.1%~103.3% 乱数1発(18.8%)

HD252特化ナットレイ 62.9%~77.3% 確定2発

H252メガハッサム 100%~120.3% 確定1発

H252ブレードガルド 88.6%~105.9% 乱数1発(31.3%)

 

 とりあえずこんな感じで。また追記するかもしれません。

 

2. 意地オオスバメの型紹介

持ち物 火炎玉

特性  根性

性格  意地っ張り

努力値 AS252B6

技構成 

ブレイブバード、空元気、我武者羅、身代わり

 

2-1. 経緯

 元々、「物理型は陽気」と考えていたが(前の記事でもそう書いた)、1身代わり+我武者羅の戦術を考えていた時に、「あれ?特殊型よりも物理型の方が耐久ポケモンを狩れるんじゃね?」となり、計算してみたら実用可能だったため、当初の予定では特殊型のすゝめのみだったが、急遽記事にしてみた。

 

2-2. 使用方法

 使用方法と言っても根性空元気をぶっ放すだけ。そこに身代わり我武者羅の戦術を組み込んだ。

 特殊型と同じく、1身代わりでオオスバメの体力実数値を90にしてから根性空元気を打つ。

ダメ計

HB特化クレセリア 41.4%~49.3%(実数値94~112ダメ) 1身代わり+我武者羅込確定1発

HB特化スイクン 46.8%~55.5%(実数値97~115ダメ) 1身代わり+我武者羅込確定1発

HB特化輝石ポリゴン2 39.5%~47.3%(実数値76~91ダメ) 1身代わり+我武者羅込乱数1発(18%)

 

 このように、特殊型における身代わり+我武者羅+爆音波では不確定なところ、物理型では確定で落とせることが分かる。

 

その他ダメ計(根性発動前提)

空元気

HB特化サンダー 59.8%~71.5% 確定2発

HB特化FCロトム 64.9%~77% 確定2発

H4ガブリアス 83.6%~99.4% 確定2発

H252ファイアロー 105.4%~124.8% 確定1発

H4メガボーマンダ 69%~82.4% 確定2発

HB252ニンフィア 75.7%~89.1% 確定2発

 

ブレイブバード

HB特化メガフシギバナ 84.4%~100.5% 乱数1発(6.3%)

H4キノガッサ 453.3%~533.3% 確定1発

H252メガバシャーモ 163.6%~192.5% 確定1発

 

 実は、ブレイブバードを打つ機会は少なく、空元気、電光石火、我武者羅、身代わりでもよいと思う。これはまた一度使ってみてから考えていこう。

 

まとめ

 以上が私の愛用するオオスバメと、これから使用したい型の紹介である。どちらも共通しているのは、1回の身代わりから、我武者羅を打ち、相手を削る戦略ということ。ずっと我武者羅は「頑丈or襷で耐えるか、身代わり4回で体力を1にしてから打つ」ものだと考えていた。しかし1回の身代わりだけでも我武者羅は有効であることが今回わかった。また、その戦略を生かすために必要な要素として素早さが高く、体力が低く、流し性能があることこれがオオスバメに当てはまっていたと思われる。

 鳥統一の話をすると、物理型は正直使いどころが難しい。受け出しの電気タイプには有効打を持てるが、鋼には何もできない。やっぱりそういう意味では鳥統一では特殊型を推奨する。

 オオスバメ(アローラのすがた)こないかなぁ・・・。

 

以上、オオスバメの型紹介でした。