読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥ポケたちの宴

鳥統一やオオスバメ入りパーティの考察とかとか TwitterID: gobirddy

【単体考察】オオスバメ

 こんにちは。

 今回から鳥ポケモンの単体考察をしていきたいと思います。

 本当は第一回はウォーグルでやりたかったのですが、そんなに考察してなかった・・・。(相棒とは)

 というわけで第一回は元相棒のオオスバメについてまとめていきたいと思います。

f:id:Gobirddy800:20160827144348j:plain

 

1. オオスバメの基礎知識

1-1 種族値

60-85-60-50-50-125

(体力、攻撃、防御、特攻、特防、素早さの順)

 

 素早さ以外、低いですね(キッパリ)。正直耐久面はヌケニンと同じだと考えています。序盤鳥ポケモンの中でも種族値は低い。そんなオオスバメに活躍の余地はあるのか?

 

1-2 特性

通常特性 : 根性

隠れ特性 : 肝っ玉

 

 オオスバメと言ったら根性型。根性は状態異常になっていると物理技の威力1.5倍という特性。根性のおかげでオオスバメが成り立っていると言っても過言ではなく、現環境でもオオスバメの根性空元気を甘く見ている相手を半壊まで持っていけるポテンシャルがあります。なんと言っても性空元気を素早さ125から放つのは単純に脅威。

 なんというか、オオスバメ=根性型一択のイメージで隠れ特性については忘れがちですが、肝っ玉も優秀な特性です。僕は肝っ玉オオスバメに可能性を感じて、今の愛用オオスバメの型に辿り着きました。それはまた後で。

 

1-3 オオスバメの耐久

 種族値から見ても分かる通り、かなりの低耐久です。オオスバメが耐久無振りと仮定した場合、

無補正C4振りウォッシュロトム10万ボルト 137.7%~161.4% 確定1発

無補正A252振りメガガルーラ猫騙し 56.2%~66.6% 確定2発

無補正A252振りメガガルーラ不意打ち 74%~87.4% 確定2発

(*メガガルーラ猫騙し+不意打ちで落ちます)

無補正A252ガブリアス逆鱗 114%~135.5% 確定1発

無補正C252振りメガゲンガー ヘドロ爆弾 118.5%~140.7% 確定1発

無補正C252振りゲンガー ヘドロ爆弾 97.7%~115.5% 乱数1発(87.5%)

無補正A252振りファイアロー ブレイブバード 82.9%~98.5% 確定2発

(*タイプ強化アイテム持ちから確定1発)

とりあえずこんな感じでしょうか。ほとんど耐えません。絶えます。なのでオオスバメの耐久調整については今回は諦めています。誰かオオスバメに耐久調整をしている方がいらしたら是非教えてください。

 

2. オオスバメの技について

2-1 攻撃技

空元気ブレイブバード、恩返し、ギガインパクト、鋼の翼、蜻蛉返り、我武者羅、爆音波(タマゴ技)、熱風、目覚めるパワー(氷、地)、電光石火、エアスラッシュ、追い打ち(タマゴ技)

 

2-2 補助技

守る身代わり、霧払い(タマゴ技)、気合溜め、影分身、日本晴れ、雨乞い、鸚鵡返し(タマゴ技)、追い風

 

3. オオスバメの型

 オオスバメを「根性型」と「肝っ玉型」に大きく分けて紹介していきます。

 

3-1. 根性型

持ち物 毒毒玉or火炎玉or拘り鉢巻

特性  根性

性格  陽気or意地っ張り

努力値 AS252 BorD6

技構成 

確定  空元気

準確定 ブレイブバード、守るor身代わり

選択  我武者羅、電光石火、追い打ち、蜻蛉返り

 

 まずは道具について。火炎玉と毒毒玉の大きな違いは、初期ダメの違い。火炎玉は一律1/8ダメージに対して毒毒玉は1/16からスタート。確か3ターンまでは毒毒玉の方がダメージは少ない。よって基本的には毒毒玉を選択するのがベストだが、火炎玉は我武者羅と相性がいい。要はダメージ管理がしやすいということ。早く体力が減るため、我武者羅を打ちやすくなるメリットがある。

 まとめると、我武者羅採用時は火炎玉、そうでない場合は毒毒玉を選ぶといい。

 次に性格について。基本的には陽気がいい。できるだけ上をとって殴るのがこの型の戦術。ちなみに陽気攻撃極振り時の根性空元気の火力指数は43155(意地メガガルの恩返し44523に少し劣る)に対して、意地っ張り時の根性空元気は47250である。この火力は陽気メガルカリオインファイト(47280)と同等の数値である。ちなみに余談だが、意地っ張り鉢巻根性空元気の火力指数は70875であり、陽気1剣舞ガブの逆鱗(65520)をはるかに超える火力。

 と、根性空元気についてはかなりの火力だということがこのオオスバメ最大の長所である。しかし素早さ125族はかなり激戦区であるため、特に仮想敵がなければ最速が望ましい。

 努力値については、AS極振りが基本である。余りを体力に振ってしまうと実数値136となってしまい、4nかつ8nと無駄になってしまう。身代わり我武者羅が使いにくくなるため、余りはBDのどちらかに振るとよい。

 空元気は確定として残り3枠は上の持ち物、性格を基準に技を選ぶと良い。ブレイブバードもかなりの火力になる(火力指数40500)。よって基本的にはブレイブバードを採用したい。

 守ると身代わりについてはどちらも火炎玉or毒毒玉発動のために必要になる技だが、両方にメリットがある。守るは安全に状態異常になれるという点で優秀である。身代わりのメリットとしては我武者羅とのコンボもあるが、もう一つ大きなメリットは「ある条件化で落とせる範囲が増える」ことである。例えば、こんな対面があったとする。

 

自分 オオスバメ  相手 ジャローダ(控えサンダー)

 

 そしたら相手は引いて、サンダーに変えてくる(ことが多かった)。その際に自分は身代わりを選択。

 

自分 オオスバメ(身代わり)  相手サンダー

 

 あとはオオスバメの空元気でサンダーを攻撃。

 

自分 オオスバメ 空元気→ 相手サンダー

陽気A252根性空元気→図太いHBサンダー 55.3%~65.4% 確定2発

 相手は電気技打っても身代わりが身代わりになり、次の空元気で落とせる。このように、有利対面で身代わり張れると、確定2発ラインまで落とせるようになる。オオスバメの有利、不利ははっきりしてるため、オオスバメの火力を知らない相手は落とせる。意外とサンダーやボルトロスを受け出しで出してくることが多く、この身代わりが生きた試合が多かった。その反面、クレセやポリ2、ギルガルドといった「そもそも空元気でさえ確2取れない化け物」がでてくると結構つらい。

 残り1枠は結構自由でパーティと要相談になる。個人的には蜻蛉返りが使いやすかった。単純に不利対面で逃げて、サイクルを回して、終盤に根性空元気で全抜きをしていく。また、身代わり+火炎玉採用なら我武者羅も優先度が高いと思われる。これは不利対面でとりあえず削ることができるからである。追い打ちについては自分では試していないが、アリだと思っている。相手にとって不利対面だとオオスバメから完全に引く(守る読み含めて)ことが多いのでそこで追い打ち決めつつ、火炎玉発動が見込める。誰か試してみて(他力本願)

 

 サンプル

身代わり搭載根性型

持ち物 火炎玉

特性  根性

性格  陽気

努力値 AS252B6

技構成 空元気/ブレイブバード/我武者羅/身代わり

〜〜

根性型で一番使いやすかった。空元気の確2発ラインは結構広くて、初手に出すだけで空元気で落としてから我武者羅で削って相手のパーティを半壊までさせることができた。鳥統一では苦手なゲッコウガも単純に根性空元気で落としたりできて、初手からの圧力はかけられたと思う。

 

3-2 肝っ玉型

持ち物 命の珠or気合の襷or天候岩or拘り鉢巻or拘り眼鏡

特性  肝っ玉

性格  陽気or臆病or控えめ

努力値 HS252AorC6, AS252BorD6, CS252BorD6

技構成 

サンプルにて。

 

肝っ玉型をまた分けると物理型、サポート型、特殊型の3つに分かれる。この3つに分けて話を進めていく。

 

3-2-1 物理型

持ち物 命の珠or拘り鉢巻

特性  肝っ玉

性格  陽気

努力値 AS252BorD6

技構成 

確定  ブレイブバード、蜻蛉返り、電光石火

準確定 恩返し

選択  追い打ち、我武者羅、身代わり、空元気

 

 普通の肝っ玉で鉢巻や珠で火力を底上げしてから攻撃する型。しかし、これは正直強くはなかった。というのも対ゴーストで当たりやすいのはゲンガーとギルガルドゲンガーは襷、メガゲンガーメガシンカターンでしか上をとれてないため、結局返り討ちにされてしまう。また、ギルガルドは言わずもがな無理。よって肝っ玉で物理型にするメリットが薄い。しかし鉢巻石火は無効がない先生技として採用の余地がある。

 最近考察中の型として、肝っ玉火炎玉型である。技は空元気、我武者羅、身代わり、電光石火である。火炎玉発動で根性と思わせ、ゴーストタイプを呼び、がむせっかを決めるという型で、まだ育成はしていないがガルドに対抗できる可能性を秘めている・・・だけかもしれない。

 

3-2-2 サポート型

持ち物 天候岩or気合の襷orジャポの実

特性  肝っ玉

性格  陽気or臆病

努力値 HS252BorD6

技構成 

確定  ブレイブバード、各種サポート技(追い風、日本晴れ、雨乞い)

準確定 爆音波、熱風

選択  我武者羅、電光石火、霧払い

 

S125から先制で補助技を打ち、低耐久を活かして速攻退場。これを利用してスバメラグ構築を組んでいたことがある。(燕と雨といったら時雨蒼燕流あとは晴れ熱風とかもできたりする。襷の場合、追い風サポ+我武者羅石火もできたり意外とサポート性能がある。正直、他でやれ感は否めないが、オオスバメの特徴である「根性型」を活かして、相手の読みを外すことができる。

 

3-2-3 特殊型

持ち物 命の珠or拘り眼鏡

特性  肝っ玉

性格  臆病or控えめ

努力値 CS252BorD6

技構成 

確定  爆音波、熱風

準確定 我武者羅、身代わり

選択  エアスラッシュ、目覚めるパワー(氷、地)

 

 今回の記事で一番注目してほしいのが実は根性型でなく、この肝っ玉特殊型である。特攻種族値は50である。しかし爆音波の火力指数をみてみると。(特攻極振り仮定)

無補正ver.

道具無し 21420

命の珠  27846

拘り眼鏡 32130(≒有補正ニンフィアのスキンハイパーボイス

有補正ver.

道具無し 23250(≒有補正サザンドラの悪の波動 23280

命の珠  30576(≒無補正メガルカリオのラスターカノン 30720

拘り眼鏡 35280(≒有補正メガボーマンダの流星群 36855

 

 有補正になると意外に火力があることが分かる。これでオオスバメのリージョンフォルムやメガシンカスカイスキンになれば、特殊オオスバメはメジャーになりそうな予感がする。

 それは置いておいて、特攻種族値から見たらこの火力は馬鹿にならない・・・が、眼鏡型でも確定取れる相手がいるわけではない。有補正の眼鏡爆音波と熱風、目覚めるパワー氷のダメ計を見てみる。

 

爆音波

H252メガゲンガー 68.8%~81.4% 確定2発

H無振りメガゲンガー 85.1%=100.7% 乱数1発(12.5%)

H252シールドギルガルド 23.3%~27.5% 乱数4発

H252クレセリア 38.7%~46.2% 確定3発

H252輝石ポリゴン2 40.6%~48.4% 確定3発

H252サンダー 61.4%~73% 確定2発

HD252穏やかボルトロス 50%~58.6% 確定2発

H252FCロトム 66.8%~78.9% 確定2発

熱風

H252ナットレイ 99.4%~117.1% 乱数1発(87.5%)

HD252慎重ナットレイ 75.1%~88.3% 確定2発

H252ハッサム 137.8%~162.7% 確定1発

目覚めるパワー氷

無振りメガボーマンダ 82.3%~98.8% 確定2発

無振りガブリアス 80.8%~96.1%

 

 思いつく限りのメジャーなポケモンオオスバメによくでてくるところを挙げてみた。ほとんどが確定2発なのが分かる。相手が削れていないと落とせず返しの技でオオスバメが落ちてしまうことが分かる。よって眼鏡オオスバメは使いどころが難しいという結果になった。ただし、控えめ眼鏡オオスバメは終盤抜き性能はあるのかも・・・?今後の考察に乞うご期待?

 そこで眼鏡の代わりに命の珠をもたせた型を考えた。

 

サンプル

持ち物 命の珠

特性  肝っ玉

性格  控えめ

努力値 CS252B6

技構成 

爆音波、熱風、我武者羅、身代わり

 

 これが今のオオスバメの最終系である。この型については別の個別記事にまとめていきたい。

 

 

4. まとめ

 オオスバメについてはずっと考えていてツイッターではブツブツ呟いていて、それを中心にまとめてみたが、まとめきれなかった。もっとうまくまとめられるようになりたいなぁ。

 と反省は一度置いておいて、オオスバメの強みは根性空元気で、それを利用した奇襲もしやすいということである。みなさんも一度オオスバメを使用してみてください。その火力、奇襲性能、病みつきになりますよ!

 

 長くなりましたが以上になります。